閉じる

ウェブ制作を依頼する前に準備しておくこと


ウェブ制作の目的を明確にする

ウェブ制作の目的によって、構成が変わってきます。ウェブ制作を行う目的を明確にしましょう。目的を明確にすることでターゲットが絞られ、閲覧者にとってわかりやすい、必要な情報を届けやすいウェブを制作することができます。会社や商品の紹介だけなら基本的な情報とフォームだけ、商品を購入したいならカートを付けるなど目的によって掲載する内容や導線、必要な機能が異なってきます。漠然と制作すると何を訴求したいかが曖昧なため、閲覧者が行動を起こしづらく成果が出にくくなるので注意が必要です。

掲載する写真を撮影する

商品や施工事例、お店や会社の内観、外観など写真を撮影しましょう。依頼する会社にもよりますが、制作費に撮影費用が含まれていない場合、ご自身で撮影が必要になります。商品やお店、会社の写真は簡単に揃えることができますが、施工事例などは時間がかかる場合があります。また、ウェブに掲載する場合には商品を仕入れているから、施工事例の一部だけだから大丈夫などと勝手に判断せず、必ず許可を取る必要があります。撮影や許可に意外と時間がかかる場合もあるため、事前に準備しておくとスムーズに制作を進めることができます。

掲載内容を箇条書きに纏めておく

ウェブに掲載したい内容を箇条書きにして置くとよいでしょう。その内容を元に担当される方が構成を考えやすくなります。パンフレット等があれば、準備しておくことがおすすです。詳細な内容は後でも構いません。何を掲載したいかを明確にします。可能あれば、箇条書きの内容を元に資料を集めておいてもよいでしょう。

コーディングとは、プログラミング言語を使ってソースコードを作成する作業のことです。あくまでソースコードを記述する事を意味しているので、設計やバグ修正といった作業は含みません。